2016〜2020の東京大学文科類入学試験を実地で受けた超適当に予想してみました。



※超個人的な意見です


国語
→そこそこ易化。少なくとも古漢が難化した年ではない


数学
→ここ5年で一番難。
五神政権になったあとの2016年度入試からは数学の難易度は2015年以前より簡単な感じで安定していたのに、
路線変更かな?


地歴
→やや易化
世界史易化、日本史来年なみ?(日本史はいつもそこまでやられないのでよくわからん)
地理は知らないです


英語
→例年なみ(2016〜2017水準?昨年よりは易化?)
受験した部屋の環境とかとは関係なしに、リスニング(の録音)は易化していると思うが
それ以外の問題は例年なみだし、難易度に差があったとしても無視できる範囲だと個人的には思った。




ということで、


【文科一類】 
350点

【文科二類】
346点

【文科三類】
339点

とかどうでしょうか




まあようは去年から大して下がらないんじゃないかって予想です

今年は難化言われてる気がしますが、

ほとんどの年度も、難化と騒がれてて、
実際は最低点は毎年ほぼかわってない気がしますね。体感。







今回は、
まあ数学は難化だと思っていいと思いますが、
他の科目はそうでもなく、むしろ易化傾向にある気がします。個人的には。


ということで、例年とあまり変わらない、もしくは例年よりやや最低点が下がるくらいに留まるのではないでしょうか、というのが俺の予想です。






文一と文二の最低点差は結構ある時はあるし、
ないとかは2点とかだったりするからねー
となると、この予想も適当にはなるんですが

まあ去年みたいに大幅に文二が文一より最低点あがる、
みたいなイレギュラーが起こる可能性はあまりないんじゃないかなーと思います。

文二の出願数も去年比下がってますし。


まあどうなるかわかりませんけどね。
文二受けたので最低点爆上げしないといいなあ




文三が330点代というのは、僕にしてはいままでの四年ではあり得なくて、

踏み切った予想ではあるのですが、
まあなってることもなくはないかなと。

なんだかんだ340点代な気もしますが。
(色々予防線張りすぎたらどれかはあたるので予想としての機能をなさなくなるが)





まあ、総じてマジで適当なのであてにしないでくださいね





まあ予想したところでだからどうしたって話ですが、まあ気になりますよね。




ちなみに、
俺はこの予想だとボーダーというか、ギリ落ちそうですね。


しかも結構国語と地歴の採点が甘いんじゃないかという気がしてきました。

ここで点数が自己採点より下がってたらもう終わりですよね。



最悪、国語60地歴60くらいでも受かる、ぐらいの自信を持てるほど
数学、英語、そして(来年はもうなくなるが)センターでとっておくべきですよね。


まあ今更どーしょーもないことなんすけどね




ちなみに諸事情あって落ちても開示の入手をすぐにはできる環境にないので、

不合格だった場合、合否報告の後から点数開示まで時間がかかると思います。
3/15〜3/16にはなるかな。




まあ不合格でも逃走せずに最後まで受験報告をしようと思います。



他のブログ読んでても、結構多浪ブログってそういうとこに趣きがあると思うので

まあその場合ちょっと投稿は遅くなると思うのですが





↓うかってたらうれしいなあ
東大受験生ブログランキング