・英語の記号採点


採点しないとか言ったけど、
なんだかんだ気になったので採点してしまった。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


1b
→2/5 = 4点(笑)

リスニング
→11/15 = 22点

4a
→3/5 = 6点!?

5
→単語穴埋め 4/6
→その他 1/2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


リスニング、

去年と一昨年は7/15(14点)くらいだったのに今年は上がった。


自分の実力が上がったというよりは、

その二つの年より
問題(正確にはリスニングの音源)が簡単になっただけだと思うけど。


現役(2016)と一浪(2017)のときも

リスニングは普通に20点代行ってた気がするしな。





1b、いつも満点近くなのにミスったなあ。
語句序列はできたけど。

解いてて一番不安だった。




その分4bが神った。
5問中3問正解。

これ全部適当にマークした。

1/125の確率。10秒で引き当てた。

いや、適当にマークして6点以上取る確率は、
4点以下を考えて、
0点取る確率 (4/5)^5 = 1024/3125 = 0.32768
2点取る確率 5C1 * (1/5) * (4/5)^4 = 256/625 = 0.4096
4点取る確率 5C2 * (1/5)^2 * (4/5)^3 = 128/625 = 0.2048
こいつらの余事象だから、
1-0.94208=0.05792 ≒ 5.8%?
あってるでしょうか?


この(おそらく)6点はでかい。デカすぎる。


いつも10分で解いて4〜6点、
悪いときは2点なので、

1/6分でこれは最強の結果。



全く実力ではないので、誇るべき何ものも存在しないが。


不思議な話だけど、

なんか解き終わった直後もなんかそこそこあたってる気はしていた。なぞの自信。

これは当ててから書いたからこういうこと言ってるわけではない。胡散臭いかもしれないが本当です。笑

なんなんだろうなこの感覚




1a、2、4bもそこそこはできてる気がする。
5の記述、チラッと答え見たらAはあっててCはびみょかった。(B白紙)




1a 8/12
1b 6/12

2a 7/12
2b 5/10

3a 8/10
3b 8/10
3c 6/10

4a 6/10
4b 8/12

5   12/20

くらいで記述は適当に点つけて
計算して合計すると

英語は74点くらいになりました。


(ちなみにこれが実際に取れていたら、
俺が今まで本番でとった英語の点数の中で最高の点数になる。英弱なので)



要約・和訳の評価が良かったらもうちょいあがると思うし、

英作の評価が辛かったらもうちょい下がると思うな。






・俺自身の全教科点数予想


英語以外の教科は正確な自己採点はしてないが、

自分の手応えと、チラッと予備校の答え見た感じ、

予想点は以下。



国語75
数学30
世史40
日史40
英語74
合計259

くらいかな〜

(英語以外の各教科の感想は前の記事を参照)







昨年は例外として、
例年通り文2の最低点が計350点くらいだったから


俺のセンターがカスいことを考慮すると


文三(例年340代半ば)には受かるけど
文二には数点差落ち


くらいになる予想だが果たしてどうなることやら



追記)他の人の自己採点とか見てると自分が甘くつけすぎてるのではないか、という気がしてきた





てかこんなに数学やってこれだけしかとれないなら、
最初から地歴英語に全振りしてた方が点は良かったな

言っても仕方ないことだが

 



国語や地歴でもうちょい点を上乗せしてくれないかなあ
と期待してるけど、

国語地歴は上の方には点数辛いからどうせそんな点こないし


採点の振れ幅によってはもっと下がる可能性もあるからなあ


国語があと5点下がるとか、
地歴が2〜3点ずつ下がるとかだけでも
ボーダー(予想)な自分からしたらかなりきついわけで







まあ、来年度からも、某早慶の三年生として就活やら遊びやら個人研鑽やらなんやらを楽しんでいく覚悟は自分はもう出来てるので


東大受験で関連やることといえば、
開示を待つくらいかな



まあお疲れ様ですね!






↓押していただければ嬉しいです(いまさらブログランキング登録してみた)

東大受験生ブログランキング